最低賃金引き上げキャンペーン、活動家養成講座初級編 開催します。

昨年2019年10月、ようやく東京都と神奈川県の最低賃金が時給千円を超えました。
しかし、都道府県毎の最低賃金のため、最も低い県は790円に留まっています。
全国一律の最低賃金制度と、1日8時間働いてなんとか生活できる時給1500円への引上げは重要な課題です。
一方で「最賃を上げたら中小企業はやっていけないよ」という意見もあります。
下町ユニオンも加わる、「最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会」では、なぜ最賃引上げが現在の日本で重要なのか、中小企業にはどのような支援策を講ずれば良いのか、最賃闘争について自信を持って訴えていける活動家を増やすために、以下のように養成講座を開催します。
史上最高の大企業の内部留保にも、最高のボーナスにも、株の配当にも縁のない、我々こそが声を上げていきましょう。
最賃活動家になろう 養成講座 初級編
日時:2020年2月3日(月)※節分の日
   18時30分より
場所:三田いきいきプラザ会議室
(会議室定員30人)
アクセス:地下鉄三田線・浅草線「三田駅」A9番出口すぐ。
 またはJR山手線・京浜東北線「田町駅」西口より徒歩8分
  https://shiba-ikiiki.com/mita/access/
資料代:500円
20200203最賃活動家養成講座初級
最低賃金大幅引上げキャンペーン委員会のFacebookはここをクリック

次の記事

下町労働史 97